政策

都会での、行政、企業、財団運営経験を最大限に活かします!

3児の父「子育て当事者の提言」

6歳、5歳、4歳の3人の子育て当事者として、子育てに関わる施策を提言し、推進します。

公園の在り方を改めます。

都市部と比較して、コミュニティ形成の場所とは程遠い、小中規模公園の在り方を改めます。【 詳細と背景はこちら

遊具の整備を進めます。

区(町会)への指定管理の是非を問うとともに、新たな公園遊具の設置と遊具周辺の環境整備を進めます。【 詳細と背景はこちら

共働きに優しい仕組みにします。

保育園や学校など公的機関の事業を、共働きに優しい仕組みにします。【 詳細と背景はこちら

福祉医療費自己負担金ゼロを目指します。

日本一の子育ての村を目指すため、福祉医療費の500円の自己負担金を無くすことに賛成します。同時に、財源を確保するための施策を提案します。【 詳細と背景はこちら

運動あそびDAYをつくろう!

毎月23日の「ノーテレビ・ノーゲームデー、親子で本を読む日」に、運動あそびDAYを加えてもらえるよう働きかけます!【 詳細と背景はこちら

地元野菜の配達を支援します。

地元野菜の配達事業を支援します。高齢者だけでなく、若い家族にも地元の新鮮な野菜を提供できるように心がけます。【 詳細と背景はこちら

39歳「若い意見を、新しい提案を」

長野県で一番若い村だからこそ、現代にあった常識的な意見が反映されるよう、批判は二の次とし、若い新しい提案をぶつけます。

村政に若い意見を

現代に適した行政と議員の役割分担を改めて考えます。批判のみを実施するのではなく、現状の課題の指摘とその解決に向けて、新しい提案を実施していきます。【 詳細と背景はこちら

議員定数は維持もしくは削減、議員の若返りを

議員定数は維持もしくは削減します。議員定数の半分以上が30〜40台となることを目指す団体を創り活動します。【 詳細と背景はこちら

コワーキングスペースをつくります。

若者の起業支援と、コミュニティ形成支援のために、ネット環境を充実させた居心地のよいコワーキングスペースをつくります。【 詳細と背景はこちら

村を出る若者を応援し、Uターンもしやすくします。

村を出る若者を応援するスタンスながらも、Uターンしやすい環境を整えます。まず、村ホームページに現状設置されていない職員採用のページをつくり、さらにそこから地元企業への就職につながる仕組みを構築します。【 詳細と背景はこちら

南箕輪と西箕輪をつなげよう構想を具現化します。

若い力で過去のしがらみを乗り越え、南箕輪と西箕輪をつなげよう構想を着実に具現化します。【 詳細と背景はこちら

信州大学と南箕輪村のコラボ事業を創出します。

村の活力源の一つである信州大学農学部キャンパスに通う大学生とのコラボ事業を創出します。【 詳細と背景はこちら

移住3年目「都会のよい点はまねて、むらの良いところはそのままに」

南箕輪村の人口増は、住んでいる村民が暮らしやすく誇れる村と感じることに起因するものであり、そこに重点をおいた活動を実施します。

町になることには反対します。

町になることには反対します。いつまでもむらであることが南箕輪村の価値を最大化します。【 詳細と背景はこちら

合併にも反対します。

合併することにも反対します。【 詳細と背景はこちら

移住希望者が好む土地を購入しやすい環境を整えます。

移住希望者が好む土地を購入しやすい環境を整え、都市部からの若い世代の移住を促進します。【 詳細と背景はこちら

野外宿泊施設を充実させます。

キャンプサイトやコテージを充実させ、道の駅大芝高原がグランピング施設となるよう働きかけます。【 詳細と背景はこちら

大芝高原の施設の愛称を募集します。

大芝高原の施設について愛称を募集し、田舎っぽい名称を改め、施設の利用率向上につなげます。【 詳細と背景はこちら

都市部に村をPRし、都市から新しいものを村に持込みます。

村のオンリーワンの価値を可視化した上で、都市部とのコネクションを生かして村をPRします。また、教育や子育てに関して価値のある新しいものを、先駆的に村に持ち込みます。【 詳細と背景はこちら